ステビアエキスの作り方

Louis Miller 20-10-2023
Louis Miller

私は甘いものが好きなんだ。

ほら、言っちゃった。

ブラックコーヒーを喜んで一気飲みし、デザートをパスしても問題ないような人間になりたいのは山々だが、私はそうではない。

今、リアルフードの旅が進むにつれて、私は以前よりずっと良くなった。 我が家では白砂糖はかなり禁止されているし、精製されていない甘味料も以前ほどは使っていない。 フルーツを食べれば大体甘いものへの欲求は満たされるし(これはかなり減った)、少量のメープルシロップや蜂蜜、ステビアを使うのもかなり工夫している。代わりに甘くする。

関連項目: カボチャの種の炒り方

ステビアエキスは素晴らしいものだ。 今、かなり人気があるが、まだステビア列車に飛び乗っていない人のために、簡単に説明しよう:ステビアは単なる植物だ。 そう、植物だ。 実験室で作られたものではないし、恐ろしい人工甘味料でもない。 ステビアは砂糖の200倍の甘さがあり、庭で栽培できる。 私の好みの甘味料だ!

もちろん、ステビアをめぐる議論もある。 というのも、率直に言って、最近はあらゆることに議論がつきまとうからだ......。 大量に使用しても安全かどうか疑問視する人もいれば、現在市販されている加工度の高いステビア・パウダーを好まない人もいる。

ただ、ステビアは超甘いので、1回に使うのは1滴か2滴だけにしてほしい!

ステビアエキスの作り方

必要なもの

  • 新鮮なステビアの葉(乾燥した葉でも可。)
  • ウォッカ
  • 蓋つきの清潔なガラス瓶

*必要な材料の量は、作りたいステビア・エキスの量による。 今回はかなり少量で作ったので、結局使ったのはウォッカ1カップと、刻んだ葉っぱ一握りだけだった。 ステビアの苗の数にもよるが、大量に作ってもいいし、少量で作ってもいい。

葉を洗って茎から外し、しおれた葉や茶色い葉は捨て、残りは粗みじん切りにする。

清潔なガラス瓶に葉を入れる。 私は瓶の上まで葉を入れたが、葉を詰め込まなかった。

瓶にウォッカを入れ、葉が完全に隠れるようにする。

関連項目: 私たちが庭に作ったクレイジーな雹対策

蓋をしっかりとし、よく振って脇に置く。

これは他の多くのエキスよりはるかに短い時間だが、1日か2日以上置くと、ステビアエキスはかなり苦くなる。

48時間後、ウォッカから葉を濾す。 (葉っぱもよく絞って、エキスを残らず吸い出した)。

エキスを小鍋に入れ、20分間軽く加熱する。 沸騰させないこと 温めるとアルコールが抜けて甘みが増し、少しとろみが出て量が減ります。

出来上がったエキスを小瓶に注ぎ(私はスポイト付きのものが好きです。 冷蔵庫に保管する 数ヶ月は持つはずだ。

自家製ステビア・エキスの使い方

好きな飲み物に1~2滴加える(私は特に自家製ステビアエキスをコーヒーや紅茶の甘み付けに使うのが大好きです!)少量で長い間使えるので、少量から始めましょう。 私が試したことのある市販のステビアに比べ、好みの甘さを得るには自家製ステビアを少し多めに使う必要があることがわかりました。 しかし、甘さはステビアを加熱する時間によって変わると思います。抽出液と使用した葉の枚数。

キッチンノート

  • 乾燥したステビアの葉も、自家製ステビア・エキスを作るのに使うことができる。 洗う/刻むステップを省き、ウォッカで覆うだけだ。 ただ、ステビア・パウダーではなく、乾燥した砕いた葉を選ぶようにしてほしい。
  • 他のアルコールも使えると思うが、私はウォッカが好きだ。
  • ステビアエキスにアルコールを使いたくない方は、水ベースのステビアエキスのチュートリアルをご覧ください。
  • 厳密には、ステビアエキスを蒸らした後に加熱する必要はないが、加熱しない場合、出来上がったエキスはより苦くなる。 しかし、保存期間が長くなり、冷蔵庫で保管する必要がなくなるという利点もある(アルコールが保存料として機能する)。
プリント

ステビアエキスの作り方

原材料

  • 新鮮なステビアの葉(乾燥した葉でも可。)
  • ウォッカ
  • 蓋つきの清潔なガラス瓶
  • *注:必要な材料の量は、作りたいステビアエキスの量による。 今回はかなり少量で作ったので、結局使ったのはウォッカ1カップと、刻んだ葉一握りだけだった。 ステビアの苗の数にもよるが、大量に作ってもいいし、少量で作ってもいい。
クックモード 画面が暗くなるのを防ぐ

使用方法

  1. 葉を洗って茎からはずし、しおれた葉や茶色い葉は捨て、残りは粗みじん切りにする。
  2. 清潔なガラス瓶に葉を入れる。 私は瓶の上まで葉を入れたが、葉を詰め込まなかった。
  3. 瓶にウォッカを入れ、葉が完全に隠れるようにする。
  4. 蓋をしっかりとし、よく振って脇に置く。
  5. これは他の多くのエキスよりはるかに短い時間だが、1日か2日以上置くと、ステビアエキスはかなり苦くなる。
  6. 48時間後、ウォッカから葉を濾す(私も葉をよく絞って、エキスを残らず吸い出した)。
  7. エキスを小鍋に入れ、20分ほど弱火にかける。 沸騰させずに温めるだけで、アルコールが抜けて甘みが増す。 少しとろみが出て、量も減る。
  8. 出来上がったエキスを小瓶(スポイト付きのものが使いやすくて好き)に注ぎ、冷蔵庫で保存する。 数ヶ月は持つはずだ。

チュートリアルをご覧ください!

  • 自家製バニラ・エキス
  • 自家製ミント・エキス

Louis Miller

Jeremy Cruz は、ニューイングランドの美しい田園地帯出身の、情熱的なブロガーであり、熱心な室内装飾家です。素朴な魅力に強い親和性を持つジェレミーのブログは、農場生活の静けさを家に持ち込むことを夢見る人々にとっての安息の地となっています。彼の水差し収集、特にルイ・ミラーのような熟練した石工が大切にしている水差しへの愛情は、職人技と農家の美学を難なく融合させた彼の魅力的な投稿を通じて明らかです。ジェレミーの自然と手作りの中に見られるシンプルかつ奥深い美しさへの深い感謝は、彼のユニークな文体に反映されています。彼はブログを通じて、読者に、静けさと郷愁を呼び起こす、家畜や慎重に厳選されたコレクションがあふれる独自の聖域を作るよう促したいと考えています。ジェレミーは投稿するたびに、それぞれの家の可能性を解き放ち、普通の空間を、現在の快適さを受け入れながら過去の美しさを讃える特別な隠れ家に変えることを目指しています。