DIYシプラップ・キッチン・バックスプラッシュ

Louis Miller 20-10-2023
Louis Miller

確か2ヶ月ほど前、メルマガ読者の皆さんに私のシップラップ・バックスプラッシュの詳細を約束したはずだ。

申し訳ない。

言い訳になるが、遅れたのにはちゃんとした理由がある。 昨日のことだ。 24時間も前のことだ。

超雨模様の天気、庭の植え付け、牛の仕事、そしてなかなか終わらない悪夢のような庭仕事。

良いニュースは、庭の植え込みがほぼ完了し(アーメン!)、キッチンがようやく完成したことだ(まあ、窓の縁取りがちょっと欠けているのを除けば...しーっ)。

そして次は、60億の夏のプロジェクトだ。

来週、私たちのミニキッチンリモデルの残りで(完璧に良い壁にぽっかり穴を開けた理由など)血なまぐさい詳細を別の記事にする予定ですが、1つの記事には長くなりすぎたので、今日はシップラップのバックスプラッシュの設置に焦点を当てます。

(私のキッチンは自然光があまり入らないので、できる限りのことをするしかないのです)

完成したキッチン

裏話

今頃、何人かはこう考えていることだろう。 ええと、ジル、家のリフォームが終わったばかりじゃないの? 「もしそうなら、その通りだ。

私たちは2016年、壮大で斬新な極端な農家の改装を終えた。

キッチンを全面的に改装し、使いづらい棚やレンジフードのような小さな気になる点を除けば(詳しくは次週)、それ以来新しいキッチンが気に入っている。 しかし、何の変哲もない板張りのバックスプラッシュは、私には合わなかった。

他のキッチンのカスタム感とは合わないし、拭き掃除もしにくい(私はとても面倒くさがりなので、これは問題だった......)。

実は、私たちはバックスプラッシュをシートロックにするつもりはなかったのですが、2016年の大改造の最後にかなり疲労のどん底に落ちてしまい、しばらく他のことをすることさえ考えたくありませんでした。 私はバックスプラッシュの選択肢について少し「考え」、ただ待つことにしました。 そして2年があっという間に過ぎ、同じ古いシートロックがそこにありました。

デモの準備

たくさんの選択肢を検討したんだけど...。

タイルのことも考えたんだけど......気に入ったものが見つからなかったし、2年後に変えたくないと保証できるようなものも見つからなかった(タイルの場合はそういう選択肢はないんだけど......少なくとも、結婚生活を続けたいのであれば、そういう選択肢はない)。

風化した木材を使うことも考えたが、我が家の床とヒッコリーのキャビネットを考えると、木材が多すぎる。

錫の型押しタイルも考えたが、キャビネットや床と組み合わせると賑やかになりすぎるとのことだった。

そして残されたのがシップラップだった......そのアイデアと私は何カ月も戦った。

関連項目: ガーリック・スケープ・ペーストのレシピ

ダン・シプラップ

そうなんだ......シップラップは今トレンディで、みんな大好きなんだ。 それで何が問題なんだ? まあ、トレンディでみんな大好きだからこそ、問題があるんだ。

僕はそういう風に変なんだ...。

私はメイソンジャーがクールになるずっと前から好きだった。 そして今、メイソンジャーがどこにでもあるようになり、ほとんど退屈に感じるようになった。 ごめんなさい、でも言わずにはいられませんでした......)古いチッピーな家具なども同じだ。 それがどこにでも出現するようになってから、私はその魅力を失った。

みんなはトレンドに従うけど、僕はその逆を行く......それが僕のやり方なんだ。

とにかくだ。

シップラップ以外の選択肢を考えようと何カ月も頭を悩ませたが、素朴なヒッコリー材のキャビネットを引き立てるような、少し控えめで、それでいてヴィンテージ感のあるものが思いつかなかった。

転機が訪れたのは、古いキッチンを解体したとき、板壁の下に大きな板があったことを思い出してからだ(残念ながら、板は回収できなかった)。 したがって、板壁は厳密にはわが家のオリジナルということになる。 遠回しに言えば、数年後にシップラップが流行遅れになったとしても、わが家のオリジナルであることに変わりはないのだから、それでいいんだ。

だからシップラップだった。

シップラップ・バックスプラッシュの設置方法

上の写真に写っているランドリー・ルームに貼ったシップラップ(2年前、飽きたら簡単に張り替えられると思ってOKした)と同じように、クリスチャンは合板を6インチの板にカットした。

関連項目: 庭の冬支度をする8つの方法

下塗りを2度塗り(縁も含む)し、半光沢のペンキを1度塗りした(シャーウィン・ウィリアムズのウェストハイランド・ホワイトを使用)。

しかも、紙やすりのようなざらざらで、これでは仕事にならない。 プライマーを塗り始める前に、サンディングが必要だと気づくべきだったのだが......何が起こったのかわからない。 判断が甘かったとしか言いようがない。 あるいは、プライマーが魔法のようになめらかにしてくれると信じていたのかもしれない。

理想的な方法ではなかったが、幸いなことに塗料をすべて落とすことはなかった。

リキッドネイルとネイルガンを併用してシップラップを壁に貼り付け、釘穴を埋めてやすりをかけ、少し滑らかにした。 やすりをかけた部分を隠すために、全体にもう1度ペンキを塗り、すべてが滑らかに仕上がるようにした。

チュートリアルの中には、板と板の間の隙間を埋めることを勧めているものもあり、私たちもそれを考えたが、そうしなくて本当によかった。

評決:

とても気に入っている。

本当に、本当に大好きなんだ。

シップラップにしたことに後悔はまったくありません。 あまり邪魔にならず、私が望んでいたヴィンテージの雰囲気にぴったりです。 キッチン全体の雰囲気が本当に変わりました。

それに、作るのはそれほど難しくも高くもなかった(クリスチャンは違うことを言うかもしれないが)。

シップラップの拭き取り性に関しては、サンディングさえすれば(私は220グリットを使用)、シートロックよりもはるかに拭き取りやすい。 キッチンに施工する場合は、半光沢の塗料を使うことを強くお勧めする。

レンジフードを捨て、シンクの上に巨大な穴を開けるなど、ミニ改造の続きはお楽しみに。 分かってる、分かってる...私たち、罰当たりなんだ...もしくは、ただ単にクレイジーなんだ...。

リモデルに関する投稿を一挙掲載:

  • エクストリーム・ファームハウス
  • プレーリーハウスの物語
  • 素朴なランドリールーム

Louis Miller

Jeremy Cruz は、ニューイングランドの美しい田園地帯出身の、情熱的なブロガーであり、熱心な室内装飾家です。素朴な魅力に強い親和性を持つジェレミーのブログは、農場生活の静けさを家に持ち込むことを夢見る人々にとっての安息の地となっています。彼の水差し収集、特にルイ・ミラーのような熟練した石工が大切にしている水差しへの愛情は、職人技と農家の美学を難なく融合させた彼の魅力的な投稿を通じて明らかです。ジェレミーの自然と手作りの中に見られるシンプルかつ奥深い美しさへの深い感謝は、彼のユニークな文体に反映されています。彼はブログを通じて、読者に、静けさと郷愁を呼び起こす、家畜や慎重に厳選されたコレクションがあふれる独自の聖域を作るよう促したいと考えています。ジェレミーは投稿するたびに、それぞれの家の可能性を解き放ち、普通の空間を、現在の快適さを受け入れながら過去の美しさを讃える特別な隠れ家に変えることを目指しています。