庭でのディープマルチの使い方

Louis Miller 20-10-2023
Louis Miller

ガーデニングに関する記事を書くときは、いつも少し羊のようになる。

以前から認めているように、ガーデニングは私の特別な才能ではないようで、ここ数年は何かを育てるのにとても苦労している...。

昨年、私はヒュッゲルクルチュール農法への挑戦を興奮気味に発表した。 私はとても期待していたのだが、それは大失敗に終わった。 私のヒュッゲルクルチュールベッドでは、何一つ成長しなかったのだ。 雑草ですらない。 (私は雑草を育てるのが得意なのだから。)

私が読んだチュートリアルには、そのようなことは起きないと書いてあったが、他にどう説明すればいいのかわからない......)。

それで振り出しに戻った。

頑固なホームステイヤーである私は、そう簡単に諦めるわけにはいかなかった。

正直なところ、カビ臭い本の山から珠玉の作品が見つかるとは思っていなかったが、それは大きな間違いだった!

関連項目: メープルくるみのブロンディ、メープルバターソース添え

ルース・スタウトのノーワークガーデンブック ルース・スタウトとリチャード・クレメンス著 (アフィリエイトリンク) は1971年に書かれたものですが、彼女の手法は現在でも広く尊敬されています。 私は彼女の生意気な文体にすぐに惹かれました-彼女と私はうまくやっていけたと思います😉。

私は以前からマルチングというアイデアに傾倒していたが、この本を読んで、自分の庭でディープマルチングを始めるのに必要な後押しを受けた。 私はマルチングを夢見るようになった...しかも、たくさん。

庭でのディープマルチの使い方

まず最初に、マルチングには多くの流派があり、さまざまなマルチング手法があることをお伝えしておきます。 私は、「正しい」方法というものはないと思っています。土壌や気候によって大きく変わってくると思います。 このディープマルチングの方法は、現時点で私の状況に最も適していると判断したものですが、必要に応じて微調整や調整をするつもりです。

私は庭を不耕起栽培に移行したいと考えている。 これまでは毎年(必要に迫られて)耕していた。

豪華な堆肥

まず、庭に堆肥を敷き詰め、耕した。

耕した後、干し草を厚く敷き詰めた。 (最初は8~10インチほどだったが、すでにかなり落ち着いている)。

**重要:ディープマルチ工法を使用する場合は、除草剤を散布していない干し草や藁のみを使用していることを確認してください。 除草剤汚染に関する私の悲しい話はこちらをご覧ください。

関連項目: 自家製コンビーフのレシピ(硝酸塩不使用)

普及の準備

乾草を選んだのは、すぐに手に入るからだ( 動物たちが食べたがらない低品質の干し草を、大きな俵に詰めていた。 )、藁、葉、草の刈りくずなどを使うこともできる。

プラスチックや布製のバリアは分解されないので、私はあまり好きではない。 有機物を使用する主な利点のひとつは、分解される過程で土に栄養を与えることだ。

マルチの種類によって得られる効果も異なるので、いろいろ試してみる余地はあります。 ただ、どのマルチを使うにしても、たくさんの量が必要だということは覚えておいてください。

干し草を庭全体に厚く敷き詰めた後(ちなみに、最初はまったく奇妙に感じた)、畝を立てる場所を決め、その場所で干し草を分け、土の露出した帯を残した。

苗が育ってきたら、雑草を防いだり水を節約するために、周りのマルチを引っ張り出す。

ディープマルチ工法の初期的観察

最初は庭を干し草で覆うことに違和感を覚えたが、出来上がった庭には(今のところ)とても満足している。 土がむき出しの庭というのは、自然界ではあまり見かけないものだからだ(もしあるとすれば、それはたいてい何か問題があることを意味する...)。

子供たちもマルチをした方が育つのですか?

今年は水やりの回数がぐっと減ることを期待している。 ワイオミング州はしばしば干ばつに見舞われるので、水は少なければ少ないほどいい。

必要に応じてマルチングをするつもりで、少し手間はかかるが、それでも数年前にやっていた草むしりよりはずっと楽だと思う......。

マルチを厚く敷くことで、雑草の問題が大幅に軽減されることを期待している。雑草が生えても、さらにマルチで覆うつもりだ。

マルチング材を撒いてから、風の強い日が何日か続いたが、干し草がしっかりと固定されているのを見て嬉しかった。 ここまでは順調だ!

なぜ「エデンへの回帰」ではないのか?

ブログやフェイスブックで庭の話をするたびに、「バック・トゥ・エデン」の庭の作り方へのリンクを送ってくる人が半ダースいる。

そのビデオを何度も見て、そのコンセプトにすっかり魅了されました。 実は今年もその方法を使おうと思っていたのですが、さらに調べた結果、代わりに干し草マルチを使うことにしました。

私が「エデンへの回帰」計画を見直すきっかけとなったのは、友人であるReformation AcresのQuinnによるこの投稿だった。 彼女の指摘はとてももっともだと思うし、こちらではガーデニングの季節がとてもデリケートなので、庭に大量のウッドチップを撒く前にもっと調査する必要があると思った。

(正直なところ、もしこのプランが実現した場合、すべてのチップを取り除かなければならないと考えると......。 違う 仕事のせいですっかり臆病になってしまって......)。

バック・トゥ・エデン』方式を後で試してみるか? たぶんね!コンセプトは気に入っているし、庭のどこかに試験圃場を作ってやってみたいと思っている。 でも、最初の実験としては乾草マルチング方式の方がリスクが少ないと思ったから、それでどうなるか見てみよう。

ガーデニングのヒント

  • 自家製培養土のレシピ
  • レイズド・ベッドを作る
  • 庭の土を改良する方法
  • 種まきガイド
  • シンプルなDIY種まきシステム

私のディープ・マルチ・メソッドのeBookを無料で入手しよう!

Louis Miller

Jeremy Cruz は、ニューイングランドの美しい田園地帯出身の、情熱的なブロガーであり、熱心な室内装飾家です。素朴な魅力に強い親和性を持つジェレミーのブログは、農場生活の静けさを家に持ち込むことを夢見る人々にとっての安息の地となっています。彼の水差し収集、特にルイ・ミラーのような熟練した石工が大切にしている水差しへの愛情は、職人技と農家の美学を難なく融合させた彼の魅力的な投稿を通じて明らかです。ジェレミーの自然と手作りの中に見られるシンプルかつ奥深い美しさへの深い感謝は、彼のユニークな文体に反映されています。彼はブログを通じて、読者に、静けさと郷愁を呼び起こす、家畜や慎重に厳選されたコレクションがあふれる独自の聖域を作るよう促したいと考えています。ジェレミーは投稿するたびに、それぞれの家の可能性を解き放ち、普通の空間を、現在の快適さを受け入れながら過去の美しさを讃える特別な隠れ家に変えることを目指しています。