自家製培養土のレシピ

Louis Miller 20-10-2023
Louis Miller

(この記事は2015年のものです。 私はもう妊娠していません。

私は死から生還した。

少なくとも、死=妊娠初期であればなおさらだ。

そう、10月にはホームステッドに新しいプレーリーキッドが誕生するのだ。 (この記事は2015年のものです。 私はもう妊娠していません)。

私と妊娠初期のおかしな点 (実は、面白いという言葉は適切ではないのだが...)。 僕の性格が完全に変わってしまうんだ...。

私は、やる気満々で、家を建て、ビジネスを経営し、ガーデニングをし、牛を飼い、人生を愛し、活動を愛するママから、本当に何も気にせず、乾いた息をもらさずには冷蔵庫を開けられず、ソファーからほとんど離れられない人になった。

そう、ここ数ヶ月、私のキッチンでは手料理が少なかったと言っていい。 だから、このブログのレシピが少ないのも納得だ。 私が何を食べていたかなんて教えたくもない。 サバイバル・モード一色なんだ、ベイビー...。

でも、正式に14週目に入り、ようやく曲がり角に来たと思う。 ソファから転げ落ちて、ハイパーで、土を掘って、料理を作って、嵐のような自分に戻る準備はできている。

そして、やっと元気になったことを祝うのに、自家製の鉢植え用土よりいい方法があるだろうか?

園芸店で緑や黄色の袋に入った鉢植え用の土を買い物かごに入れるとき、私はいつもヒヤヒヤしていた。 もっといい方法があるはずだと思いながらも、時間をかけて調べることはなかった。

ありがたいことに、私の自家製培養土のレシピはとても簡単だ。 しかも、費用も節約できる。

なぜ自家製培養土のレシピにこれらの材料を使うのか?

実のところ、自家製培養土のレシピを自分で調合するのは、ロケット科学ではない。 良い培養土があればいいのだ:

  • 植物を支えるのに十分な固さがあること
  • 圧縮を最小限に抑え、空気や水が流れるように軽くする。
  • 雑草の種や病原菌がないこと

しかし、私がなぜそのような食材を選んだかは以下の通りだ:

ココナッツ・コアー 多くのDIY用鉢底ミックスのレシピにはピートモスが使われているが、ピート湿地からの採掘については多くの議論があるため、私はピートモスを避け、代わりにコイアを選ぶことにした。 ココナッツコイアはココナッツ加工産業の副産物で、基本的にココナッツの殻の繊維を粉砕したものだ。 土を使わない鉢底ミックスには、保水性が高く、素晴らしい選択肢だ。 私は大きなレンガで購入した、ピートモスと1:1で代用できます。

パーライト: パーライトは軽い火山岩で、保水性があり、土に空気を含ませ、土が圧縮されないようにする働きがあります。 また、自家製培養土のレシピでは、パーライトの代わりにバーミキュライトや普通の粗い砂を使う人もいます。

堆肥: 堆肥は土に栄養を与えるもので、自分で作ればたいてい無料で手に入る。 必ず完熟堆肥を使うこと また、堆肥はできるだけ細かいものを使いましたが、固い堆肥の場合はふるいにかける必要があるかもしれません。 ミミズを堆肥にするのも良い方法です。

ダートは?

ごめん...土って言いたかったんだ。 (土のことを "soil "ではなく "dirt "と呼ぶと、いつも少なくとも一人の読者に訂正される)。 しかし、雑草や病原菌を除去するために、まず土を殺菌することをお勧めします。 これは、土をオーブンで200度に焼くことで可能です。

なぜそうしなかったかというと、10ガロンの泥を焼こうとしたら、どんなひどいことになるか想像がついたからだ。 私のキッチンの中で...面白くなさそうだったので、代わりにココナッツコイアを選びました。 また、鉢にまっすぐな土を使うと、圧縮の問題が出てくる可能性があります。 ですから、殺菌した土を使う場合でも、砂や他の軽量剤も入れるようにしてください。

自家製培養土のレシピ

(この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています)

  • 2 部* ココナッツコアー(購入先)
  • ふるいにかけたコンポスト 1 部
  • 1 パーライト(購入先)

*計量カップ、コーヒー缶、5ガロンのバケツなど。

コイアがブロックに入っている場合は、水分が必要です。

コイヤーの "レンガ "を水の中に入れて、バラバラにできるまで置いておいた。 その後、手で簡単にバラバラにでき、とてもしっとりするまで水を足した。

次に、コイアとコンポストを混ぜる。 必要であれば水を足す。

関連項目: 郊外(または都会)のホームスティダーになる方法

関連項目: 秋の庭づくり

パーライトを加え、かき混ぜたら準備完了!

自家製培養土のレシピを、市販の培養土と同じように使ってください。

DIY用培養土のレシピノート:

  • 他のレシピでは、ココナッツコイアの代わりに滅菌した土やピートモス、パーライトの代わりにバーミキュライトや粗目の砂、コンポストの代わりに様々な肥料(ケルプミール、ボーンミール、ブラッドミール、ミミズキャスティング)を使っている。
  • この材料は湿っていた方が混ぜやすいんだ。
  • 値段はどうだろう? アマゾンで買ったココナッツ・コイアは11ポンドのレンガで15.96ドル、パーライトは1袋(18クォート)で16.70ドルだった。 私の地元の園芸店は、特殊な材料に関してはかなりひどいので、ここでそれらを見つけることはできなかっただろう。 堆肥は無料だった。 最初のバッチで材料のほんの一部しか使わなかったことを考えると、しばらくは持つだろう......。また、粗い砂や消毒した土で代用すれば、この自家製培養土のレシピはさらに安くなる。

ガーデニングのヒント

  • 庭の土を改良する7つの簡単な方法
  • 庭の土壌検査でわかったこと
  • 堆肥茶の作り方
  • 種子の生存性をテストする方法
  • 種子トレイの消毒方法

Louis Miller

Jeremy Cruz は、ニューイングランドの美しい田園地帯出身の、情熱的なブロガーであり、熱心な室内装飾家です。素朴な魅力に強い親和性を持つジェレミーのブログは、農場生活の静けさを家に持ち込むことを夢見る人々にとっての安息の地となっています。彼の水差し収集、特にルイ・ミラーのような熟練した石工が大切にしている水差しへの愛情は、職人技と農家の美学を難なく融合させた彼の魅力的な投稿を通じて明らかです。ジェレミーの自然と手作りの中に見られるシンプルかつ奥深い美しさへの深い感謝は、彼のユニークな文体に反映されています。彼はブログを通じて、読者に、静けさと郷愁を呼び起こす、家畜や慎重に厳選されたコレクションがあふれる独自の聖域を作るよう促したいと考えています。ジェレミーは投稿するたびに、それぞれの家の可能性を解き放ち、普通の空間を、現在の快適さを受け入れながら過去の美しさを讃える特別な隠れ家に変えることを目指しています。