シンプルなDIY種まきシステム

Louis Miller 20-10-2023
Louis Miller

春の空気は可能性の匂いがする。

そう思わないかい?

晴れた春の午後、日が長くなり、儚げな緑の草の香りが漂ってくると、何か鳥肌が立つ。

たくさんの可能性、たくさんのプロジェクト、たくさんのアイデアと夢が私の頭の中を駆け巡る。

ホームステッドの白紙と同じようなもので、新米ホームステッドに生まれ変わったような気分になる。

関連項目: 特別な器具を使わずに缶詰を作る方法

しかし、春のプランニングでいつもちょっと気になることがある。

種まき

でもむしろ、置き場所がなかったからだ。

関連項目: パントリーグッズの保存と活用法

その昔、私は土間の階段の吹き抜けに板を貼って、それでよしとした。 家の中で唯一の南向きの窓があり、家の他の部分が小さかったことを考えると、とにかくそこしか選択肢がなかったのだ。

私の古いセットアップだ。 あまり効果的ではないし...安全でもない。

場所が限られていたし、日照時間が限られている苗ではなく、成長ライトが必要な苗もあった。

でも、今年は違うんだ。 やっと本格的な地下室と栽培スペースが手に入ったんだ。 めまいがしそうだよ。

先月、私は行動を共にし、種まきシステムを考えなければならないと思った。 過去に、 (まだほんの一握りの苗しか植えていないので)。 お気に入りのペーパーポットと、再利用したサービングトレイを使った。

でも今年は、十数本の苗よりはるかに多くの苗を植えたかったんだ。 筋金入りの種まきをしたいんだよ、友よ......それに、200個以上のペーパーポットを作る気にはなれなかった。 そんな時間は誰にもない。

そこで私は、私の庭師であり無類の園芸好きである隣人、ケルティック・プレーリー・ファームのヤナの知恵を借りた。 彼女は日頃から広大な庭を持っており、私たちの地域で何が有効かを熟知している。 彼女の賢明な提案を受け、結局こうすることにした。

私たちがどのように種まきを行っているのか、クローズアップした映像をご覧になりたい方は、私のビデオ(下記)をご覧ください:

シンプルな種まきシステム

(この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています)

設備/備品:

  • メタルシェルビング (アマゾンで購入)
  • 4′蛍光ショップライト (メナードで買った)
  • ライトチェーンの小片 (ショップライトに付属している場合もあります)
  • ジフィー泥炭ペレット (私はこの200個入りを買った)
  • トレイ (私はこの10個セットを手に入れたが、創意工夫して再利用することもできる)。

このようなテーブル型のものも見たが、すでにあったシンプルな金属製の棚を使うことにした。

大人数の苗を育てるには、窓の光よりも成長ライトの方がずっといい。 メナードで見つけた4フィートの蛍光灯T8ライトは、たまたまうちの棚にぴったりで、値段も手ごろだった。 プレーリー・ハズバンドは、棚の下側にチェーンで取り付けた。

紙ポットではうまくいかないので、どの種まき用培土を使うかという決断を迫られた。

いろいろと物色した結果、安くて使いやすく、場所を取らないという理由で、ジフィー7のピートペレットに決めた。 アマゾンでこのプラスチックトレーも買ったが、手持ちのものによっては他のトレーも使えるだろう。 (私は過去にホイルのラザニアパンを使ったことがあり、透明な蓋をしたままミニ温室を作った)

種まき

まず、私の種まきガイドの記事をご覧ください。

トレーに入れ、底に1~2インチの水を入れる。 ペレットが膨らみ始め、30分ほどで出来上がる(様子を見て、必要なら水を足してください)。

ウェットとドライの違いがわかるだろう。

十分に濡らしたら、種を植え、ラップで覆い(任意だが、温室効果を高めるのに役立つ)、芽が出始めるまで暖かい場所に置いておく。

手書きの練習は、アイスキャンディーの棒に書く方がずっと楽しい。

その後、栽培用ライトに移し、1日16時間(またはそれくらい)ライトを当て続ける。 小さな鉢が乾き始めたら、水を足す。

今のところ、ブロッコリー、トマト、キャベツ、各種ハーブが顔を出している。 階下に降りてチェックするたびに、バカみたいに目まいがする。 もう少し大きくなったら、そのほとんどを大きな鉢に移植し、5月か6月には最終的に庭に植えることになるだろう。

小さなペレットを直接庭に移植する場合は、ネットを少し破ってください。

どうなることやら...これを庭に撒いた後、地下室で大麦の飼料を栽培し始めるかもしれない...。

今、私の唯一の問題は、50個以上のトマトの苗を持っていることで、私の庭はそれらを処理するには小さすぎる。 しかし、その橋はいずれ渡ろう。 さあ、植えよう!

その他の春の種に関する記事

  • 簡単な種まき参考ガイド
  • DIY用土
  • 紙の苗ポットをDIY
  • ソイルブロックの作り方
  • シード・システムを再利用する8つのアイデア

Louis Miller

Jeremy Cruz は、ニューイングランドの美しい田園地帯出身の、情熱的なブロガーであり、熱心な室内装飾家です。素朴な魅力に強い親和性を持つジェレミーのブログは、農場生活の静けさを家に持ち込むことを夢見る人々にとっての安息の地となっています。彼の水差し収集、特にルイ・ミラーのような熟練した石工が大切にしている水差しへの愛情は、職人技と農家の美学を難なく融合させた彼の魅力的な投稿を通じて明らかです。ジェレミーの自然と手作りの中に見られるシンプルかつ奥深い美しさへの深い感謝は、彼のユニークな文体に反映されています。彼はブログを通じて、読者に、静けさと郷愁を呼び起こす、家畜や慎重に厳選されたコレクションがあふれる独自の聖域を作るよう促したいと考えています。ジェレミーは投稿するたびに、それぞれの家の可能性を解き放ち、普通の空間を、現在の快適さを受け入れながら過去の美しさを讃える特別な隠れ家に変えることを目指しています。